手汗の原因とケアについて

「手汗」とは手のひらの多汗症のことで、正確には「手掌多汗症」といいます。
滴るほどの汗が出るため、ノートが濡れてしまう、物を持つときに手が滑って落としやすくなるなど生活に支障が出ることもあります。

手汗が原因で握手ができなくなり、精神的にストレスを抱えるようになることもあります。
俳優の水嶋ヒロさんがこの手汗で悩んでいるとTwitterでつぶやいていたのを覚えている人もいるかもしれませんね。

手汗の原因についてはいくつか考えられるのですが、ひとつは交感神経が必要以上に敏感になっているケースです。
精神的ストレスが交感神経を刺激して発汗が起きる結果、多汗症になっているというケースなのですが、なぜ交感神経が過敏になるかについては分かっていないのが現状です。

また、更年期障害などでホルモンバランスが崩れたり、熱いものや辛いものの食べ過ぎなどによる生活習慣の乱れ、肥満が原因となっていることもあります。バセドー病や糖尿病、褐色細胞腫などの病気が原因のケースもあります。

手汗は上記のように病気が隠れていることがありますので、医師の診察を受けるのが一番いいのですが、自分でも何か対策を立てることはできないのでしょうか。

まずは手汗専用の制汗剤を使うことです。なぜ専用の制汗剤なのかというと、一般的な制汗剤では効果が期待できないからです。実際の治療でも制汗剤として塩化アルミニウムを用いることがあります。手汗専用のデオドラントをお探しならば手汗を抑える方法 | 簡単な対処法はコチラを参考にして下さい。

次に、生活習慣の乱れや肥満が原因となっている場合は、生活習慣や食習慣を修正すること。
これによって多汗症そのものを克服できる可能性があるのです。

ただ、制汗剤はあくまでも手汗を抑えるもので、根本的な解決になっているわけではありません。
また、生活習慣の乱れや肥満、他の病気から手汗が生じているケースでなければ、手汗そのものの治療をしないと治らないでしょう。

実際には手術が必要になってくるケースすらありますので、いずれにしても医師の診断を受けることが必要になってきます。

部分別デオドラント製品の使い方

夏は汗を大量にかくので、ニオイが気になる季節。
体臭があると、女子力は低下してしまいますよね。そこで活躍するのが、デオドラント製品です。

デオドラント製品は商品によって特徴があるので、ただやみくもに使用しても効果がありません。
使用する部位によって使い分けることが大事です。

体の中で一番強くニオイを発生するのが、脇です。
汗の量が多い部分なので、デオドラント製品が汗で流れ落ちてしまい、効果が低いと感じやすい部分です。

脇には、汗に強く密着感が強い製品を選ぶのが正解です。
おすすめなのが、スティックタイプやロールオンタイプです。
最近はジェルタイプの製品も発売されています。
ぴったりと皮膚にフィットするので、汗とニオイをしっかり抑えてくれます。

脇のニオイ対策は、朝にしっかり行っておくのがポイントです、
まずはウェットシートなどで肌を清潔にし、乾いたらその上からデオドラント製品を使用します。
汗をかく前の朝に対策しておくことで、効果的に使用することができますよ。

足も蒸れやすいので、強いニオイがしてしまう部分です。
靴を脱ぐ時に躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。
足のニオイケアには、複数の商品を使うのが効果的です。

まずはシートタイプのデオドラント製品を使って、ニオイや汚れをさっぱりと落とします。
ミストタイプの製品もありますが、きれいに汚れを落とすことができるシートの方がオススメです。
次に足用のデオドラント製品を使用します。

手軽に使いたいならスプレータイプですが、しっかりニオイを抑えたい人はジェルタイプやクリームタイプの製品がおすすめです。
ニオイは足の指の間から発生しているため、細かいところまでしっかり塗れるジェルやクリームの方が効果的です。

手汗にもデオドラント製品を使うことが有効です。
詳しくは、こちらの手汗の原因とケアについてを参照ください。

頭もニオイ対策しておきたい部分です。
いくらきれいにセットしていても、ニオイがしていたら台無しです。
頭にはセットがくずれないスプレー式の製品がおすすめです。

ツヤが出るものや冷却効果があるものなど、多目的に使用できる製品があるので、悩みに応じたものを選ぶと良いですよ。おすすめなのが、UV対策できる製品です。
紫外線からのダメージを軽減することができ、ヘアケアも同時に行うことができます。

長年悩まされている脇汗

私は、長年脇汗に悩まされています。年を取るにつれて年々ひどくなっていっている気がします。
脇汗の量は、昔から多かった気がします。
数年前のCMで、脇から汗がブシャーと出ていて大変と言うのを見たのですが、オーバーではなくあんな感じです。

脇汗でまず一番の悩みは、洋服選びです。
冬も脇汗はかくのですが、厚着をしているために外からはわからないし目立ちません。

でも夏は、薄着ですし脇汗をかくとすぐにわかってしまいます。
グレーのTシャツなんて恥ずかしくて絶対に着られません。おしゃれの幅も自然と狭まってしまっています。

脇汗防止に、制汗剤は様々試しました。スプレータイプ、スティックで塗るタイプ、指で塗るタイプ。どれも全く効果がありませんでした。それだけ私の汗がひどいのでしょうね。

脇汗パッドも試してみましたが、あまりフィットせずにずれてしまうし、ひどい時には外れてしまって、余計に恥ずかしい思いをしました。

夏の洋服選びはそんな訳で、いかに汗をかいても目立たないか。それが私にとって一番重要です。
半袖のブラトップみたいなもので汗を吸収しつつ、その上にフワッとした物を羽織るのが定番で、ワンパターン化しています。
それでもTシャツ1枚だけだと、手を上げてつり革にも掴るのも恥ずかしいので、苦肉の策ですね。

次に悩まされている事は、臭いです。
脇汗がついた洋服は、すぐに洗濯するようにしているのですが、ショックな事にそれでも脇の部分が黄色くなってしまったものがあります。

また、ニオイ戻りと言うのでしょうか。綺麗に洗えていても再び汗をかいたり濡れてしまうと雑巾のような臭いニオイがします。女性なのにと、とても恥ずかしいです。

母も脇汗がすごいので、遺伝なのでしょうね。もう諦めて、自分なりの対策をしていきたいと思います。緊張しやすいのも脇汗の原因の一つかも知れません。

あまり親しくない人と話さなくてはいけない状況だと、もう脇汗が止まらずにビシャビシャです。
手汗もひどくなります。自分の性格だと諦めて、付き合っていかないといかないと思っています。

私の毎年のデオドラント対策法

私は冬でも汗ばんでしまうくらい汗っかきなので、夏になると顔、脇、背中と全身大量に汗をかいてしまうので困ります。

外に出かけた時は汗の臭いも気になりますし、私はちょっとワキガでもあるので、脇の臭いが気になって仕方ありません。なので、制汗と臭いを抑えるスプレーは常に持ち歩いていますし、夏は汗を抑えるために他にもデオドラントのアイテムを常備しています。

1つはデオドラントウォーターですね。
私が最近よく使っているのはシーブリーズのデオ&ウォーターのアイスタイプなんですが、肌に塗るだけでかなり涼しくなるので、トイレなどに行った時によく塗るようにしています。

もう1つのアイテムは冷却用のボディペーパーです。
よく使うのはギャツビーのボディペーパーなんですが、これは本当に強力なので、肌を拭くと痛いくらい冷たくなります。でもそれだけ効果はばっちりです。

このボディペーパーは香りがきついので、人前ではあまり使えませんが、デオドラントウォーター同様トイレで使ったり、あとは人が少ない電車内などでちょっと使ったりしていますね。

あとこれを首の後ろに貼っておくと、かなり体温が下がるので、夏は気持ちいいです。
大体夏出かけるときはこれらのアイテムが欠かせないんですが、私は出かける前にもこれらを使って制汗対策をしています。

まず準備の時はおでこ回りや首などにデオドラントウォーターを塗って肌を冷やしてからメイクをします。ちなみにメイクの時は扇風機やドライヤーなどの風を当てて、常に肌を冷やすようにしていますね。

こうする事でメイク崩れをかなり抑えられます。
そしてメイクが終わって出かける直前に、腕、足、首、胸元、脇の下など、冷やすと制汗に効果的だと言われる箇所をボディペーパーで拭いておきます。

本当に暑い日は玄関を出る直前まで、首の後ろにペーパーを貼っておきますね。
そして臭いが気にならないように、最後に制汗スプレーを脇などに振って、これで出かける準備完了です。これで夏はかなり汗を抑えられるようになりました。

今年も梅雨が終わりいよいよ暑い時期が来るので、この対策法で夏を乗り切りたいと思います。
手汗でお悩みならこちらも合わせお読み下さい。

夏のニオイ対策

脇、頭、足、臭いに悩んでいる方は、多くの人がそのすべてにお悩みではないでしょうか?
私はその一人です。

父親が、湿る耳垢タイプで、腋臭兆候があります。
思春期から、白いシャツは脇が黄ばむため極力さけてきました。

また、この体質のせいなのか、多汗症で冬でも夏でも体全体から汗がでます。
なのでいつも頭皮はべたつき、足は湿って臭う状態です。

夏場は彼氏と出かけるのがとても嫌でした。
仕事中、外回りではお客さんに逢う前に必ず公衆トイレに入り全体を汗拭きシートで拭いてから出向き、飲み会が座敷のときは代えのストッキングを購入し履き替えてから出かけるなど、苦労が多いのですよね。

今回はその中でも特に脇の匂いにクローズアップし、私が見つけた対処法をご紹介します。
臭いに一番効果があるのは、とにかく体温を上げないこと、汗をかかないことです。

よく、「冬は汗をかかないから臭い」などと言います。
勿論それは間違いではありません。しかし臭い自体は発汗時の汗が空気に触れ、細菌が発生し臭うので、匂いを発したくない場所では汗をかかないことが一番効果的なのです。

私は夏の間、家でペットボトルのお茶(あるいは水)を凍らせて出勤時に持参します。
そして、電車の中で目立たないように手首に当てて冷やします。

これは大きな血管を冷やすことにより、血液を冷やし、体内を冷やして汗を止めるためです。
本来ならば首が一番良いのですが、満員電車では恥ずかしいですよね?手首でも充分効果がありますので是非お試しください。

次に大切なのは衣服を清潔に保つことです。
衣服を普通に洗って一週間後などに着ると、臭いが前よりひどくなっている、だんだんひどくなる。というご経験ありませんか?臭い成分が残っているんですね。

お洒落着はなかなか厳しいかもしれませんが、綿素材のもの、多少痛んでもよさそうなものは迷わず漂白剤で除菌することをお勧めします。
今は衣服に優しい漂剤も出ているので、面倒くさがらず一回、一回、菌を持ちこさずリセットしましょう。

最後に、自分に合った制汗剤をみつけることです。
多汗症の私の場合、パウダータイプのスプレーやロールオンはNGでした。

なぜならスプレーしてもすぐに汗をかき、そのパウダーが洋服について目立つからです。
黄ばみを気にして寒色の服が多い私は、粉が目立ち恥ずかしい想いを何回もしました。

結果、現状辿り着いたのは、パウダー無しのロールオンです。
ロールオンはスプレーに比べて、近年改良スピードが速く、年々良いものが出ています。
今年は特に良いものがたくさん出ていて、その中での私のお勧めはBanの汗ブロックロールオンです。少しパウダーが入っているのですが、洋服につくほどではありません。

何より一番驚いたのが、粉っぽくも、べたつきもないのに、汗がかなりの確率で止まります。
私の中ではここ数年の中で一番ヒットでした。

食べ物を変えたり、体質改善したりと、他にもたくさんの対処法はあるとおもいますが、
持って生まれた自分の性質なので、諦めないながらもうまく付き合ってゆくことが大事だと思います。

関連する記事:私の毎年のデオドラント対策法